工事不要でスマホとセット割引も組めるソフトバンクエアーとは?

工事不要でスマホとセット割引も組めるソフトバンクエアーとは? ソフトバンクエアー

インターネット回線を契約する場合、安いインターネットを調べて比較したり、工事日の設定をするなど、わずらわしい作業が増えてしまうのがやっかいだったりします。

特に持ち家ではない場合は回線工事を実施するには大家さんに確認が必要なケースもあるので、ますます面倒に感じている人も多いことでしょう。

ですが、こうした利用者の不満を解消する新サービスとして登場した「ソフトバンクエアー」はこれまでわずらわしいとされていた工事が不要で、スマホとセット割引も組めるなどメリットが多いのも魅力です。

そこで、この記事ではソフトバンクエアーの特徴について解説します。

ソフトバンクエアー3つのおすすめポイント

ソフトバンクエアーは、これまでのインターネット回線契約で利用者が抱えていた不満や不安を解消した新しいインターネット回線になります。

まずはじめに、ソフトバンクエアーにおける3つのおすすめポイントを紹介します。

光回線のような工事が不要でコンセントに挿すだけ

ソフトバンクエアーでは工事が不要です。

本来ならば、インターネット回線契約を結んだ後、回線工事を行い光回線等を自宅に引き込むことでインターネットの利用環境を整備します。

回線を引き込むためには壁に穴を空ける必要があり、賃貸住宅であれば大家さんの許可が必要になります。また、新築の戸建て住宅の場合でも住み始めて間もない状況下で壁に穴を空けることに対して抵抗感を持つ人も少なくありません。

これらの理由を踏まえるとソフトバンクエアーは、据え置き型端末をコンセントに挿すだけで端末から電波が飛び、Wi-Fiでインターネット通信サービスを利用することができます。しかも、申し込みから最短3日で使用できるため、従来のインターネット回線契約の最短3週間程度と比べると使用開始までの期間も早いことがわかります。

急な引っ越しのためインターネット回線契約を忘れていて早く使いたい人や、賃貸住宅に住んでいて回線工事の許可をもらうのがわずらわしい人にとってもおすすめです。

Airターミナル4は最大962Mbps

ソフトバンクエアーの速度は実際どうなのか、気になりますよね。
ソフトバンクエアーの端末(Airターミナル)はリニューアルするたびに最大通信速度が速くなっており、利用者がより快適に動画視聴やインターネット利用を快適にできるよう進化しています。

ここでは新型タイプ「Airターミナル4」と、旧型タイプ「Airターミナル3」「Airターミナル2」とのスペックを比較して解説します。

Airターミナル4 Airターミナル3 Airターミナル2
最大通信速度 481Mbps(一部エリアでは最大962Mbpsで利用可能) 350Mbps 261Mbps
対応エリア 全国拡大中
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
本体サイズ 225×103×103mm 208×95×95mm 208×95×95mm
最大接続数 64

表からからも分かるように、最新型「Airターミナル4」で最も改善されたスペックは最大通信速度になります。通信速度が速くなることで重たいデータを使用しても回線が途切れにくく、ネットをより快適に利用できるようになりました。

契約方法は「購入」「レンタル」から選べる

ソフトバンクエアーを契約する場合、「購入」または「レンタル」を選択することができます。

それぞれ料金やキャンペーンによる割引額・端末代などが異なっています。ここでは、購入とレンタルを比較して紹介します。

購入の場合 レンタルの場合
基本料金 4,880円
SoftBank Air スタート割 おうち割なし:−1,080円
おうち割あり:−580円
Airターミナル販売価格 54,000円
(1,500円×36回払い)
月月割 -1,500円×36回
Airターミナルレンタル料 490円
月額料金 ~12ヶ月目:3,800円/4,300円
13ヶ月目〜:4,880円
5,370円
おうち割光セット 500円または1,000円割引/1回線ごと

※購入とレンタルはどちらも別途手数料3,000円が発生します。

ソフトバンクエアーを申し込む際には2年契約となります。

そのため、契約期間中に解約をすると違約金が発生することに加え、確実に利用すると想定している期間を踏まえた上で端末を購入かレンタルかを選択する必要があります。

また、購入・レンタルでは適用できるキャンペーン内容が異なりますので、少しでもお得に使うためにはキャンペーン内容を事前に把握しておくことが大切です。

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違いは?

ソフトバンクでは「ソフトバンクエアー」と「ソフトバンク光」の2種類のインターネットサービスを提供しています。

ここでは、ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違いについて解説していきます。

ソフトバンクエアー ソフトバンク光
月額料金 購入:4,880円
レンタル:5,370円
戸建て:5,200円
マンション:3,800円
速度 481Mbps
(一部エリアで962Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
工事の有無 なし あり
事務手数料 3,000円 3,000円
解約金 9,500円+端末代金の残債 9,500円+工事費の残債

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の大きな違いは「速度」と「工事の有無」になります。

速度においては、ソフトバンクエアーは端末(Airターミナル)の性能が向上されているものの最大通信速度は962Mbpsであり、ソフトバンク光の端末と比較すると1,000Mbpsと差は僅かもソフトバンク光の方が安定性では優れています。

よって、回線工事が不要であるソフトバンクエアーと従来通り回線工事が必要なソフトバンク光とでは、ユーザーの環境や利用方法などによってどのメリットを取るかで判断する必要があります。

ソフトバンクユーザーなら毎月のスマホ代が最大1,000円割引

ソフトバンクエアーを契約する場合、使用しているスマホがソフトバンクやワイモバイルであれば毎月のスマホ代が最大1,000円割引といった割引が受けられます。

毎月最大1,000円割引が10回線まで可能

ソフトバンクエアーを契約する場合、利用者がソフトバンクユーザーであれば、「おうち割光セット」というサービスで毎月のスマホ代を最大1,000円割引を適用することができます。

対象料金サービス 割引額/月
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
1,000円
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター 1,000円
データ定額 50GB/20GB/5GB 1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円

おうち割光セットでは最大10回線までが対象となり、家族はもちろん、ルームシェア仲間でも割引を適用することができます。

また、これとは別の「おうち割引セットスタートキャンペーン」では、契約時にソフトバンク以外の他社スマホや他社ケータイを利用していた場合、他社解約金9,500円を950円割引×10ヶ月で還元してくれる特典も受けられます。

ソフトバンクエアーを検討している時に、仮にソフトバンクユーザーでなくてもこのおうち割引セットスタートキャンペーンを利用することで違約金を気にせずソフトバンクに乗り換えて、おうち割光セットを適用して料金をお得に利用することが可能です。

月額割引や乗り換え費用負担などキャンペーンが充実

ソフトバンクエアーでは、月額割引や乗り換え費用負担などのキャンペーンが充実しています。

ここではどのようなキャンペーンが実施されているのが紹介していきます。

U-25限定 SoftBank Air 割引

「U-25限定 SoftBank Air 割引」の割引対象は、契約時に満25歳以下の方のみになります。

この割引によって、月額基本料金が4,880円のところ24ヶ月間は2,880円で利用することができます。さらに、契約事務手数料が3,000円負担となるところをなんと0円となり、ダブルでお得な割引になります。

SoftBank Airスタート割

「SoftBank Airスタート割」を利用することで12ヶ月目まで毎月の月額基本料金から割引を受けることができます。

ただし、おうち割光セットの組む・組まないや、U-25限定 SoftBank Air 割引との併用不可など、ユーザーの利用状況に応じて割引内容は以下のようになります。

おうち割光セット無し おうち割光セット有り
月額料金 4,880円
SoftBank Airスタート割 -1,080円 -580円
割引後の金額 3,800円 4,300円

あんしん乗り換えキャンペーン

「あんしん乗り換えキャンペーン」では、他社からソフトバンクエアーにインターネットの乗り換えを行う際に、発生する解約金や回線撤去工事費などの金銭的負担を最大10万円まで負担してくれます。

ほとんどのインターネット契約では2年契約となっており、契約期間中に解約すると利用期間に応じて違約金を支払わなければならず、この違約金がネックで乗り換えたくても乗り換えができずにいるユーザーも多いのが現状です。

しかし、他社からソフトバンクエアーに乗り換える場合、本キャンペーンを利用することで違約金の負担を気にせず乗り換えることができます。

申し込みは最大30,000円キャッシュバックの代理店NEXTがおすすめ

ソフトバンクエアーを契約する場合、ソフトバンクの公式サイトから申し込む方法と代理店から申し込む方法があります。

その時々でキャンペーン内容に変更がありますが、ソフトバンクエアー・キャッシュバック等の恩恵を総合すると正規代理店NEXTでの申し込みがおすすめです。

公式の割引やキャンペーン特典も受けられる

ソフトバンクエアー キャンペーン

ソフトバンクエアー代理店NEXTでは、2020年10月現在で最大30,000円キャッシュバックキャンペーンに加え、ソフトバンク公式で実施されている割引キャンペーンと併用ができます。

  • 【NEXT独自】最大30,000円キャッシュバック
  • 【公式】U-25限定SoftBank Air 割引
  • 【公式】SoftBank Airスタート割
  • 【公式】あんしん乗り換えキャンペーン
  • 【公式】おうち割光セット
  • 【公式】おうち割光セット スタートキャンペーン

この中で代理店NEXTの独自キャンペーンは最大30,000円のキャッシュバックですが、キャッシュバックの受け取り条件で特に気をつけるべきポイントが2点あります。

  1. 申し込み完了後にSoftBankから届くSMSを受信したら、記載されたURLから2日以内に事前情報を登録する
  2. 申し込み日から1ヶ月以内に支払い方法を決定する

契約に必要な手続きを行うだけでクリアできるので、忘れていたということがなければ問題なくキャッシュバックを受け取ることができます。

まとめ

ソフトバンクエアーは、これまでのインターネット回線契約でわずらわしいと感じていた部分をクリアしたことで、ユーザーから支持を集めているインターネットサービスです。

工事が不要であることや違約金などの金銭的不安を最大10万円まで負担してくれるため、新規契約だけでなく乗り換えを検討している方にもおすすめです。

申し込みの際は、公式窓口ではなくソフトバンクエアーの代理店NEXTを利用することで、独自のキャンペーンに加えて公式のキャンペーンも併用できます。

この記事が、納得してお得にインターネットを利用できる環境づくりの参考になればと思います。