ブロックチェーンって一体なに?

仮想通貨について深掘りしたいきたい!
もっと知りたい!
そう思うのであれば、ブロックチェーンという言葉を耳にすることもあると思います。
ブロックチェーンとは何でしょうか?

ブロックチェーンってなに?

これはデータの仕組みのことを指しています。
仮想通貨、特に世界初の仮想通貨のビットコインのまさしく基盤となる技術になります。

仮想通貨はご存知のように、あくまでもコンピューター上におけるデータです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
しかし単なるデータであればお金としての信用を高めることができません。
そのコンピューター上でコピー&ペーストを何度も繰り返していけば、ずっとお金が増え続けていくことになります。

それでは通貨としての信用はまず得られません。
そのため、その通貨の発行から履歴をすべて記録するのです。
つまり台帳の機能を果たしているのがブロックチェーンなのです。
そしてそこにとても高いセキュリティが施されているわけです。

このブロックチェーンというのは、通帳や台帳のようなものです。
通帳をイメージするととてもわかり易いですが、普通銀行の通帳というのは、銀行と利用者であるあなたしか使用できないのです。
ただ、仮想通貨の台帳ブロックチェーンというのは誰でも簡単に使うことができるのです。

つまり、世界中でコンピューターに接続しており、履歴を常に確認しあいながら共有することによって、誰でも不正にコピーをしたり、盗んだりといったことができないように設計されているのです。
この仕組みは世界中のネットワークの参加者によってつくりあげられているのです。

現在ではインターネットが普及しているからこそできる技術なのですが、台帳のデータもその記録造りの作業も参加しているあらゆるコンピューターで分担して行うのです。
このような形式というのはP2Pと呼ばれており、とても大きなネットワークで支えることが仮想通貨における信頼度の高さをあらわります。

通貨の信頼性は獲得できるの?

現時点では通貨の信頼性というのは獲得しつつあります。
仮にデータを書き換えて不正アクセスを試みたとします。
しかし、世界各地に散らばっている同じデータとは一致しませんので、不正だということがバレてしまいます。
その通貨を持ち出して利用することができないのです。

それならば、世界中のコンピューターに対してアクセスをしてデータを書き換えていれば、盗めるのではないかと思われるでしょう。
しかし、実際のところは、それは不可能です。
さらにこのブロックチェーンによるデータというのは最新の情報に書き換えられているのです。

よく知られているビットコインであれば10分ごとに、さらに短い感覚でも書き換えできる仮想通貨もあるのです。
世界中のコンピューターを10分ごとにハッキングし、データを書き換えるといったことは現在のところは技術的に不可能です。

このように、それぞれの通貨の安全性、そして不当性を同時に守ることによって、通貨としてしっかりと成り立っています。
それを最初に実現したものがビットコインだといことになるのです。
ブロックチェーンは仮想通貨の技術と信頼の土台となっているのです。

投資目的をしっかりと定めておくこと

仮想通貨取引に限ったことではなく、投資を始めるにあたっては投資目的を必ず定めておくということがとても重要になります。
投資目的をはっきりさせておくことで、重要な場面での判断に迷ってしまうことも少なくなります。
投資目的を明確にするポイントですが、次のようなものがあります。

まずは投資額を決めることです。
自分がいくらまでなら投資に回すことができるのか、投資限度額を決めておくようにしましょう。
生活資金に影響が出るほどの投資というのはリスクが高いですので、余裕資金で行うのが基本になります。

取引の期間を定めるのもまた重要です。
投資には、数日程度で取引する短期取引であったり、数年単位で取引をする長期取引など、色々な取引のスタイルがあるのです。
自分の取引スタイルや金融商品に合う取引の期間を決めて投資をするのがおすすめです。

取引の判断基準を設定してください。
どのくらい利益が出たら利益を確定したいのか、どのくらいの損失が出たら損切りしようと思っているのか、といった自分の基準ラインをしっかりと決めておくようにしてください。

この基準を決めないと、ズルズルと損失が拡大してしまうリスクがあるのです。
このようなポイントを参考にして自分に合うトレードスタイルを確立していくようにしてください。

資金管理について押さえておくべきことは、少額投資からスタートすることです。
そしてリスクの許容度を必ず把握しましょう。
いきなり大金を投資するのではなく、最初は少額から始めたほうがリスクはとても小さくなります。

取引を繰り返していくうちに、相場の動きや銘柄の特徴などを理解できるようになります。
さらに自分の余裕資金と相談しながらどのくらいまでのリスクなら大丈夫なのかを把握しておきましょう。

コメント