仮想通貨は学生でも利用できるの?

仮想通貨は学生でもできるのでしょうか。
一瞬にして多額の利益を生む可能性のある仮想通貨ですが、学生でも利用できるのか気になりますよね。

結論から言うと可能になります。
特に成人の年齢を過ぎた大学生なのであれば、仮想通貨の制限している法的な要求事項はないのです。

仮想通貨の取引を行うには、取引所において仮想通貨を保管する口座を作らなければなりません。
今のところ、取引所には基本的に年齢制限があります。
未成年の場合は親権を持っている人の同意書が必要になります。

しかし同意書さえあれば、学生であっても、誰でも手軽に仮想通貨取引を始めることができるようになっています。
有名なところでいえば、大学の学費を賄うことができたというエピソードもあるくらいです。
奨学金の滞納問題というのは、日本でも取りざたされています。
仮想通貨でそれなりに資金を築いており、それで奨学金の返済をすることができた、という経験はチャンスがあれば学生でもあっという間に大きなお金を手にすることが出来るということです。
これは、仮想通貨の危険ながらとても魅力的な一面であるといえるのではないでしょうか。

ゲームに課金するくらいなら仮想通貨が良い?

ゲームに課金するのに比べると、仮想通貨に投資したほうがとても魅力的です。
中には億を超える利益を手にして、税金の申告の方法がわからないという人も少なくありません。
税理士に相談に行く人が最近になって増えてきているというのも納得できます。

学生でも巨額の利益を生み出すチャンスを提供していますが、株式市場、外国為替市場といったように、規制の無い仮想通貨投資の世界なのです。

ギャンブルなどで、投資をしてとても確立の低い博打にお金を溶かすのに比べると、将来性がありますし、利益も出しやすい仮想通貨に投資をしたほうが良いでしょう。
同じお金を使うくらいなのであれば、確立の高い方に投資をした方が良いと判断するのは当然ですよね。

仮想通貨の取引においては価格変動がとても激しく、未だに知名度も需要もないマイナーコインを宝くじのような感覚で購入しておくと、将来的に価格が信じられないほどに高騰した時に、今よりも圧倒的に、大幅に資産を増やすことができるかもしれません。

同じような理由で、スマホ端末などでのゲームに課金をしてどんどんゲームにお金を費やしてしまうよりも、ゲーム感覚で仮想通貨に同じだけのお金を投入している方が良いかもしれません。
また、少額から始められるハードルの低さも1つの魅力となっています。
ギャンブルのような側面があって、常に不正アクセスの機器を拭い去れない、仮想通貨なのですが、投資をする金融商品としてチェックした場合には、とても多くのメリットを持っているといえます。
ごく少額からであっても、始められるものがメリットとなっています。

購入についても、千円から、とりあえずなくなってもダメージの少ない一万円程度から始めることができます。さらに、触っているうちに仮想通貨のシステムや、価格の変動、投資における基礎的な部分を勉強することができるのです。

特に学生は時間があるケースが多いです。
大学生は暇な時間を持て余していることがとても多いですので、日本国内においても、投資だけでかなりの金額を稼いだ事例がとても多いのです。

仮想通貨の安全性はセキュリティが左右する

仮想通貨の安全性はセキュリティにおける意識次第です。
仮想通貨の価値が高まるにつれて、人の仮想通貨を狙っている人もまた増えていきます。
さらに手口も巧妙化しています。
これまで以上のセキュリティ意識が求められているのです。

しかし仮想通貨を取り巻くリスクの大部分は、ユーザー自身のセキュリティ意識によって対策できるものになります。
仮想通貨盗難の大半は人災によるものです。

サイバー攻撃による仮想通貨の流出といった事件はとても目立ちますので、大々的に報道されます。
しかし、それ以外に報道されないような仮想通貨の盗難というのはとても多く起きているのです。

そして、それらの報道されないような盗難事件の大半がパスワードを第三者に知られてしまっていることで不正アクセスが起きています。

つまり、仮想通貨盗難の大半は人災なのです。
ユーザー自身の意識次第でセキュリティを十分に確保することは可能です。

現金と同等の財産を保有している意識をしっかりと持つようにしましょう。
仮想通貨は手に取ることができませんので、どうしてもお金であるという意識が薄くなりがちです。
クレジットカードだとついつい無駄遣いをしてしまうことがありますが、それと同じようなものです。

自分にとってとても大切なお金であるということを十分に理解しておいてください。
そうすることで、セキュリティ面においても、力を入れるようになりますし、そうすれば自然と仮想通貨をもっと大切にしようという気持ちが強くなります。

コメント