仮想通貨のチャートにはどんな種類があるの?

チャートの情報は仮想通貨において極めて重要な判断材料になります。
仮想通貨のチャートの種類とチャートの見方について理解することはとても重要です。
今の仮想通貨は、誰もが何となく、直感でどの通貨が上がりそうなのか、どの通貨が下がりそうなのかといったことを雰囲気で取引に望むことが多いといわれています。

これには仮想通貨の市場における歴史がまだまだ浅いということ、そして市場そのものがまだ小さいことなども関係しています。
また、バックアップとして特定の国家、企業がついていないことによって、世界経済や国際情勢が仮想通貨にどのような影響を与えているのかがはっきりとわからないということが関係しているのです。

株式や外国為替の世界においてはこのような情報が非常に重要になります。
世界中の経済成長率の推移、企業の成長率といったものが投資先を考えるうえでの材料になるのです。

ちなみにこういった情報を分析することをファンダメンタルズ分析と呼びます。
仮想通貨の場合はこの種の分析に必要になる情報が確定的でなく、なにより少ないのが現状なのです。
主に価格変動の推移を表にしているチャートがどのように動きをしているのか、動きを見て考えるテクニカル分析というものが必要になるのです。

チャートの見方は?

仮想通貨のチャートは、時間ごとに価格の変動をあらわしている、時間足があります。
一日ごとに変動を表示する日足、さらには月ごとの月足とを表示している種類のものになります。

時間足は最も細かい変動を表示しているチャートです。
基本的に赤の線が価格上昇で、青の線が価格の下落を表現しています。
数時間単位で何度も大きな動きを繰り返している仮想通貨というのは、赤、青の線がいくつも並んでいるチャートを形成しているのです。

一時間足のチャートは、その線一本があらわしているのですが、この1時間の値動きの全てをさします。
線の長さが値動きの幅をあらわしており、色が上昇か下降かをあらわしています。

価格上昇の場合は線の頂点が終値となっています。
下辺が開始値をあらわしており、下降の場合は反対となります。
線の頂点が開始値になり、下辺が終値ということです。

見慣れることによって、必要な情報を的確に得られるようになります。
この時間足はその日一日の価格変動を知りたい場合に使用されます。
一日ごとの細かい動きを見ることによって、今日は下がったから買おう、上昇傾向にある段階で売りたい!
このような判断をすることができるようになります。

逆に日足はここ1、2ヶ月の価格変動をチェックする時に、月足は前年の価格変動を考える際に利用します。
さらに短期的な取引による投資を行う場合には、30分足、1秒足といったものも参考にして取引を行うのです。

それだけチャートの瞬間的な動きに対しての反応、月足を利用した過去の値動きなどから分析がとても重要になるのです。
全くの素人がチャートを使いこなすというのはなかなか難しいのですが、時間があればできるだけチャートをしっかりと眺めておくことによって、かあっく上昇、下落の判断となる材料を集められるようになります。

少しでも慣れていくというのがとても重要になるのです。

チャートのいろいろ

ローソク足チャートって知っていますか?
ローソク足チャートというのは、一定時間ごとの仮想通貨の値動きを時系列に並べるようにして表しているグラフになります。

形がローソクに似ていることからローソク足チャートとも呼ばれています。
仮想通貨取引所でトレードしたことのなる人であれば一度は見たことがあるとおもいます。

ローソク足チャートでは、単位期間が設定されています。
それぞれの単位期間に対応しており、1分足チャート、1ヶ月足チャートと呼ばれているのです。

また、チャートでは次のようなものの価格が使用されています。
用語として覚えておくのもおすすめです。

始値(はじめね)というのは単位期間の最初に付いた価格で、最高値は期間中の最も高い価格です。
最安値は期間中における最も安い価格で、終値は単位期間の最後に付いた価格です。
グラフ上の長方形ひとつですが、この価格が表現されており、実態となるのです。

ローソク足チャートを見ると、実態としては2つの色があります。
色によって、価格の上昇と下落が表現されています。
色の使い分けというのはチャートを表示しているサイト、アプリ次第で少しずつ違ってきます。

価格上昇時は実体の下辺が始値になります。
そして、上辺が終値となります。
このようなものを陽線と呼びます。

その一方で価格下落時は上辺が始値で、下辺が終値となります。
このようなものを陰線と呼びます。

また、実体から上下に伸びている線に関しては、ひげと呼ばれており、上ひげの先端部分が最高値になります。
そうなれば、もちろん下ひげの先端が最安値です。

コメント