仮想通貨と確定申告は?課税価格について知りたい

仮想通貨への課税というのはなかなかややこしいことになりそうですよね。
仮想通貨と確定申告、課税価格急速な発展において誰もが目を丸くしているのではないでしょうか。
国税庁も税金の導入に動いており、仮想通貨で利益を得た時には課税されるようになっているのです。
仮想通貨への課税はとても複雑な一面を持っているのです。

国税庁が発表をしている情報によると、ビットコインは物品の購入等に使用できるものの、そのビットコインを使用することによって生まれた利益に関しては所得税の課税対象になるのです。

また、ビットコインを使用することによって生まれた損益に関しても、事業所得等の各種所得の基因となっている行為に付随して生まれる場合を覗いて、原則雑所得として区分されることになります。

つまり事業などで決済、事業用の資産として仮想通貨を所有しているのであれば別ですが、そうでなければ一定額以上利益が出た時には、必ず、誰でも税金を支払わなければならないのです。

課税の仕組みは?複雑なの?

課税の仕組みの複雑さについてご紹介します。
税制が設定されたものの制度自体はまだまだ整っているとはいいきれません。
これからのさらなる洗練が期待されていまうs。

確定申告の際にとても大きなハードルになるのが、利益発生時におけるレートの取得だといわれているのです。
保有するだけでは課税対象となるのではなく、現金化をして利益が出た段階において、課税対象となる仮想通貨です。
ただ、その時のレートを正確に記録したうえで確定申告時にはその情報を添えなければなりません。

取引レートは各取引所によって異なります。
もちろん一日ごとにも変わってくるものです。

正確に利益や原資からの増額を計算する場合には、各取引所において表示されていたレート情報を取得しなければなりません。
これを完全に行うにはかなりの困難が予想されるのです。

これは専門家の間でも、現行の制度にはまだまだ工夫をこらせなければならず、また向上していく必要があるといわれています。
日本では今しばらく制度の円熟を持たされるようです。
また、普通のサラリーマンの場合には通常の確定申告すらもしたことがないという人が大半です。

それが個人で気軽に投資できる仮想通貨にてを出したことによって、幸運にも利益が出ると、手間と知識がとても重要な確定申告を複雑な条件で行わなければならないのです。

雑所得として計算する

雑所得として計算するようにしてください。
現在では税率の設定が公表されています。
そして、195万円以下は5パーセントの税率によって控除額0円です。
195万円を超え330万円以下なのであれば10パーセントで控除額97,500円です。
330万円を超え695万円以下であれば20パーセントの税率に対して、控除額427,500円となります。

これは雑所得の計算です。
つまり、利益が上がれば上がるほど課税率も高くなっていくのです。
利益を生み出しやすい仮想通貨というのは、高めの税金が設定されているのです。

仮想通貨で節税するのはどうするの?

仮想通貨においてできるだけ節税するためには仮想通貨事業として個人開業したり、必要経費として計上するのがおすすめです。
個人事業主として仮想通貨事業を開業することができれば、仮想通貨の利益を生むうえで必要になったものを経費として計上できます。

普通のサラリーマンであれば白色事業者としての登録をおすすめします。
帳簿の作成をしっかりおこなうことで、経費として計上できます。
白色事業者として登録する利点であって、青色事業差yの登録に比べて控除額は少なくなりますが手間もかかりません。

必要経費として計上できるものは次のようになります。
仮想通貨取引所での取引手数料や仮想通貨取引所への入出金手数料です。
仮想通貨投資に関する書籍代や新聞、有料情報のコストです。
さらにはセミナーへの参加費用やそのうえでかかった交通費や宿泊費といったものを計上できます。

必要経費として計上できないものは仮想通貨以外の専門書籍、関係のない新聞です。

仮想通貨事業として個人開業をして必要経費として青色申告する方法もあります。
仮想通貨によって得た利益というのは、個人で運用する場合には雑所得です。
法人として運用する場合は事業所得に分類されます。

事業所得は、青色申告特別控除と呼ばれる枠がありますが、しっかりと帳簿をつけて税金を正しく計算している人なのであれば、利益から650,000円の控除が認められるのです。
手続きに手間がかかってしまうのですが、白色事業者としての登録に比べて控除される金額が多いというのはとても特徴的です。

もしも50万円で購入した仮想通貨がその後に100万円となった場合には手数料は864円となります。
青色申告をおこなっていると利益は出ていないということになりますので、納税の必要すらありません。

コメント